忍者ブログ
シュアラ編中心サイト。
最新コメント
[01/22 小春]
[01/21 梧香月]
[09/12 日和]
[09/12 梧香月]
[09/12 日和]
プロフィール
HN:
沙羅の語り部
性別:
女性
自己紹介:
沙羅ノ国。一般的には「シュアラ」の呼称がつかわれている。
帝と巫女姫が執政を行うこの国の、雅で切ない物語。名無しの語り部が語るとしよう。
[119]  [117]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※ゆきちづ仮想END設定。

 続きよりコス&設定お披露目(`・ω・´)
 このこは、女優の池脇千鶴さん見ていて浮かんだキャラだったりする(゚∀゚)
 池脇ちゃん可愛いよ池脇ちゃん。

 十二単描くぜ→五枚以上重ねるとか無理だろJK(ここであらためて大和和紀の偉大さを悟る)→異世界だし二枚くらいでいんじゃね→襲の色目は紫の匂ひイメージで!→あれ…全然違くなっちゃった(´・ω・`)→でも気に入ったからおk! 今度正装も考える!(懲りない)→次は菜々子だお!


tidukosu.jpg 入内した後の局はもちろん藤壺。
「藤壺の女御」又は「千女御(せんのにょうご)」と呼ばれています。

 雪路父が未だ正気を保っていられた時期、左大臣に内々に頼んでおいた姫君。
 それは、雪路の体に潜む禍鬼の毒を浄化、および延命させるために、『不散』の一族の力を借りたいが故であった。
 藤宮の家は、だれしもがみな、身体の器官をひとつ消す代わりに、呪詛や穢れを身に受けて消しさる体質を持ち生まれてくる。
 これは沙羅でも有名な話だが、もう一つ、直系の姫君にだけ託される能力があることは、皇族府も知らぬ秘事である。
「藤」は、『不散』又は『不治』とも漢字をあてられる。もともとの当て字はこちらが正しかったが、一族の姫君を守るため『不散』となった。


 なぜもともと『不治』だったか。それは、直系の姫の「治癒能力」故である。この能力は身体の器官を代償にすることはないが、対象に処女を捧げることが求められる。つまり、ただひとりだけにしか使うことを許されない。
 雪路の父、雪都が目をつけたのはこの能力であった。一族の咎を最も濃く受け継いでしまった息子に残した不散の花である。
 けれど雪都はこのことを、左大臣にのみに言い残し、この世を去った。雪路がそれを知ったのは、21の春のことであった。
 左大臣はこの姫君をとても大事に育てたとか。
 喋れないのは、以前一度お話したとおもうんですが、実は呪いを請け負ったからではありません。パロでも原作でも、千鶴が雪路のために大事に育てられたことは変わりません。
 この先原作ネタばれにつき反転でおねがいいたします。

 原作において、千鶴が声をうしなった原因は、分家の藤守に家族全員を目の前で惨殺されたからです。藤守は前々から本家の藤宮のやりかたが気に食わなかった。それゆえにその座をとっておこうとした。千鶴だけいかしたのは、一族の秘文書を継承する娘だったからです。
 けど、うすうすそれを察知していた藤宮は、前もって神代家の当主である雪路に先述の雪都の遺言を託し、娘を頼むと頭を下げてきました。
 父親の遺言がきにかかり、藤宮の家にいくと、その時、まさに分家が反旗を翻し、千鶴に乱暴を働こうとしていました。
 縁ある娘を見捨てられず助けて、支部にのっけたちーゆき漫画につながります。



 パロでは、母親が目の前で殺されたショックで喋れなくなった、ってことにしたいとおもいます。
 だから喋る可能性もあるかも?

 CVイメージは大谷育江さんです^^!


PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]