忍者ブログ
シュアラ編中心サイト。
最新コメント
[01/22 小春]
[01/21 梧香月]
[09/12 日和]
[09/12 梧香月]
[09/12 日和]
プロフィール
HN:
沙羅の語り部
性別:
女性
自己紹介:
沙羅ノ国。一般的には「シュアラ」の呼称がつかわれている。
帝と巫女姫が執政を行うこの国の、雅で切ない物語。名無しの語り部が語るとしよう。
[17]  [16]  [15]  [13]  [12]  [11]  [10]  [8]  [7]  [6]  [5

「かすみそめ」とお読みください。
漣と蒼牙の出会い。…いま気がついたんですが、あきらと雪路の方が漣より一つ年上なんですね。


「蒼牙、こっちにきなさい。水に触れられなきゃ意味ないのよ」 
「いやだっこわいもん」

 そういって川辺でうずくまった四歳の弟の姿に、あきらはため息をついた。屋敷の遣り水でもこのような反応では、大河に連れて行ったらパニックを起こすのだろう。
 まくっていた袖を直して、蒼牙の隣に腰を下ろす。

「抑えの宝玉持ってれば、だいじょうぶだって言ったでしょう。それに大きくなったら宝玉なしで、自然に制御できるようになるんだし」
「……ふえ」
「たっくもー…。いじめられたままはいやでしょ?」
「おうちのなかにいるもん…」
「…自宅警備員になんのかコラ」
「じたくけいびいん?」
「いやこっちの話。―――こんな弟だけど、どう?」

 姉が屋敷の方に振り返る。蒼牙もならうと、ぎょっとした。橘の木の幹に、姉と同い年くらいの少年が寄りかかっていた。夕焼けの色がさらりと揺れる。
 その少年の背中には、身丈があまるほどの剣があった。それに見覚えがあって、蒼牙はしばし考え込む。そうだ。この前の武闘会で優勝していた人だ。蒼牙は小さく悲鳴をあげてあきらの後ろに隠れる。

「ずいぶんと、大人しそうなやつだな。ほんとうにおまえの弟か? あきら」
「相変わらず厭味なやつね。そうよ。蒼牙、こいつわたしの幼馴染の漣。そろそろ下士官から出世するそうね。漣」
「まあな」

 漣が苦く笑う。なんだかむっつりしててちょっと恐い。蒼牙はますますあきらの裳を強く握りしめた。
 そんな蒼牙の視線に合わせるように漣がかがみこむ。

「………女みたいな顔だな」
「――っ!!」
 
 蒼牙は顔を真っ赤にして目を三角にした。真っ直ぐに伸びた黒髪に、黒目がちな瞳はよく女子と間違われる。母や姉に人形遊びと称して着物を着せられることもしばしば。
 それは蒼牙にとって屈辱以外の何物でもなかった。

「…ちがうっぼくはおとこだっ」

 かみつくように言うと、漣が少し表情を和らげた。

「……ほう。見かけによらず負けん気が強そうだ」
「……れん、おにいちゃんは…なにしに、きたの」
「お前を鍛えにきた。蒼牙、お前は剣士になりたいそうだな」
「……」

 こくっと蒼牙は頷いた。漣はマメだらけの手を蒼牙の頭に載せる。

「俺は今日からお前の師だ」
「し…? ししょう…?」
「そうだ。剣を教える。他にもあるがな」
「…剣を…? ほんとに?」

 ここではじめて蒼牙はあきらから離れて漣を見上げた。きらきらと輝く黒曜の瞳に、漣はふっと口をほころばせる。

「ぼく、つよくなれる?」
「それは、お前次第だ。俺にもわからない」

 そう生真面目に答える漣に対して、蒼牙はもう恐怖がすっかり無くなってることに気づいた。大きな背の少年を尊敬のまなざしで見つめる。武闘会での剣術の凄まじさは幼心を動かす何かがあった。
 先ほどとは打って変わった弟の様子に、内心おもしろくないなあ、と思いながらあきらは苦笑した。


 聞け、吾子よ。
 剣の先を見据えよ。
 己の心を見つめよ。

 それは時に吾子の苦しみ、痛みとなろう。
 しかし恐れることはない。

 いつかくる、護るべき君のため、

 それが勇気になることを我は祈る。
 それが慈愛になることを我は願う。
 
 =海神家に伝わる詩(うた)|作者:不明=


 ++++++
 漣の性格が…違ってたらほんとすみません(ジャンピング土下座)。蒼牙四歳。生涯の師匠との出会い。
PR
Comment
name 
title 
color 
mail 
URL
comment 
pass    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正にはpasswordが必要です。任意の英数字を入力して下さい。
管理人のみ閲覧可   
ちび蒼牙があさひ化している件
こーんなに可愛かったんだあ、あのくそガキが・・・・・・(失礼)。
しかし、漣……子供の時からこの性格。いっそ、4歳くらいの漣を見てみたい。すでに武士だったりして……。据え膳ならぬ、プリンも食わずに高楊枝……?
ヴァル 2008/12/04(Thu)13:38:41 編集
つんでれっこがちび化してるのですよー
こーんなに可愛かったんです(笑)
ま、いまもかわry←親ばかでごめんなたい。
よ、四歳から武士?!!すげえええええっwwww
プリンも食わないのか!いっそもう将軍になってしまえばいいと思うよ漣ッ(違)
さーてと…そろそろ生涯のお姫ちゃまと運命の出会いをはたしてもらおう。くっくっく…w
ここは原作と違う感じで行こうかと思いまする(笑)
日和小春 2008/12/04(Thu)15:07:18 編集
トオイメ…
…原作では公園で一人ぼっちでいた華音を初めて泣かせてやって、負ぶって家まで連れ帰るのが出会いですが何か。

のっけから爆弾発言か、漣(笑)。
役に立てて嬉しいです。いい弟子が出来てよかったね、漣♪

4歳…4歳…病弱に生まれた妹と、身体壊しがちな母親の世話を焼く可愛くない子供ですが。
剣の一族の家は、しょっちゅう、3歳瑠那ちんが家出してきますが、それでもよござんすか?(笑)
ぶっちゃけてこの頃の瑠那ちんが漣に初恋を抱いていたわけですが。魔女魔女言われてるのを最初に頓着しなかったのが漣でしたので。
でも、いろいろ手を貸してるうちに、何となく(年下だけど)姉弟みたいになっちゃって、華音との出会いできっぱり諦めます。
あ…語ってたら書きたくなってきた(笑)。
梧香月 2008/12/04(Thu)18:25:21 編集
家出♪
なんて健気な…ほろり。漣くん、どうか蒼牙をよろしくおねがいいたしますね…。

え、瑠那ちんあきらん家に来ていただけるのですか?★
大歓迎ですよvいつでもカモンですっ!!
さしつかなければ家出の理由を教えてくださると嬉しいです…(///▽///)
御部屋もおもちゃ(蒼牙)もいっぱいありあますよ☆(ぉい)
日和小春 2008/12/04(Thu)18:33:59 編集
るんるん。
瑠那ちんは基本、神出鬼没属性なので、漣の家にも華音の家にもあきらさんの家にも出没します。
いつのまにか生垣に隠されてた塀の一部が壊れて通り道になっていたら、ヤツの責任です。
ちょこっと4、5歳くらいの設定で書いてみますかね。
梧香月 2008/12/04(Thu)18:49:11 編集
わーひv
楽しみにしてますね☆
るんるんの出没をvきゃーどこの塀の穴なのだろう(笑)
くすくす…。
日和小春 2008/12/04(Thu)19:46:31 編集
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]